プログラム

特別企画(演者指定) 第1日目 (10月14日(水)) 09:00〜11:30 A会場
●経蝶形骨下垂体手術の100年
    20世紀初頭に開発された経蝶形骨下垂体手術の100年史を検証
    ‘The Centennial of Transsphenoidal Pituitary Surgery’
  第1部 特別講演
                                                           座長:倉 公朋
        History of Transsphenoidal Pituitary Surgery
        Rudolf Fuhlbusch
        (International Neuroscience Institute Hannover GmbH)
  第2部 下垂体外科の最前線
                                                           座長:佐伯 直勝
                                                                   有田 和徳
          1) Recent Progress of Endoscopic Pituitary Surgery
                        Paolo Cappabianca(Federico II University)
          2) 非機能性腺腫の手術
                        田原 重志(日本医科大学脳神経外科)
          3)  Acromegalyの手術
                        山田 正三
                        (虎の門病院内分泌センター間脳下垂体外科)
          4)  Prolactinomaの手術
                        池田 秀敏 (総合南東北病院下垂体疾患研究所)
          5) Cushing 病の手術
                        阿部 琢巳 (昭和大学医学部脳神経外科)
          6) 座長総括  有田 和徳