プログラム

シンポジウム(演者一部指定)

全てのシンポジウムの最後に座長から‘会員にとっての本シンポジウムの意義’を総括講演して頂きます。

●1A-S01 我が国の脳外科医は足りているか?

第1日目 10月14日(水) 14:30〜16:00 A会場
座長: 嘉山 孝正 (山形大学)
中川 俊男 (新さっぽろ脳神経外科病院)

●1B-S02 モニタリングはグリオーマの長期成績を向上させたか?

第1日目 10月14日(水) 09:00〜10:30 B会場
座長: 栗栖 薫 (広島大学)
倉津 純一 (熊本大学)

●1B-S03 頚椎変性疾患の外科治療

第1日目 10月14日(水) 10:30〜12:00 B会場
座長: 金 彪 (獨協医科大学)
高安 正和 (愛知医科大学)

●1B-S04 グリオーマの新たな治療選択

第1日目 10月14日(水) 14:00〜15:30 B会場
座長: 西川 亮 (埼玉医科大学国際医療センター)
難波 宏樹 (浜松医科大学)

●1B-S05 脳腫瘍に対する分子標的療法の展開

第1日目 10月14日(水) 15:30〜17:00 B会場
座長: 若林 俊彦 (名古屋大学)
高橋 弘 (日本医科大学武蔵小杉病院)

●1C-S06 DBSの新しい展開

第1日目 10月14日(水) 09:00〜10:30 C会場
座長: 片山 容一 (日本大学)
加藤 天美 (近畿大学)

●1C-S07 頭蓋縫合早期癒合症の治療法と成績

第1日目 10月14日(水) 10:30〜12:00 C会場
座長: 伊達 裕昭 (千葉県こども病院)
遠藤 俊郎 (富山大学)

●1C-S08 経蝶形骨手術の合併症予防

第1日目 10月14日(水) 14:00〜15:30 C会場
座長: 阿部 琢巳 (昭和大学)
松野 彰 (帝京大学ちば総合医療センター)

●1C-S09 定位的放射線療法の長期治療成績

第1日目 10月14日(水) 15:30〜17:00 C会場
座長: 松村 明 (筑波大学)
大野 喜久郎 (東京医科歯科大学)

●2A-S10 解離性脳動脈瘤の治療戦略

第2日目 10月15日(木) 09:00〜10:30 A会場
座長: 高橋 明 (東北大学)
寶金 清博 (札幌医科大学)

●2A-S11 専門医の生涯教育は如何にあるべきか

第2日目 10月15日(木) 16:15〜17:45 A会場
座長: 小川 彰 (岩手医科大学 学長)
新井 一 (順天堂大学)

●2B-S12 頭蓋底の再建ー髄液漏を如何に防ぐか?

第2日目 10月15日(木) 13:30〜15:00 B会場
座長: 河瀬 斌 (慶應義塾大学)
大畑 建治 (大阪市立大学)

●2C-S13 BMI(Brain Machine Interface)のリハビリへの応用

第2日目 10月15日(木) 10:30〜12:00 C会場
座長: 吉峰 俊樹 (大阪大学)
渡辺 英寿 (自治医科大学)

●2C-S14 脳低温療法は予後を改善したか?

第2日目 10月15日(木) 13:30〜15:00 C会場
座長: 重森 稔 (久留米大学)
横田 裕行 (日本医科大学)

●2E-S15 脳卒中患者の超早期リハビリテーション

第2日目 10月15日(木) 15:30〜17:00 E会場
座長: 石川 誠 (初台リハビリテーション病院)
溝井 和夫 (秋田大学)

●3A-S16 術中画像の新しい展開

第3日目 10月16日(金) 14:40〜16:10 A会場
座長: 齋藤 延人 (東京大学)
松前 光紀 (東海大学)

●3B-S17 困難な内頚動脈瘤に対する治療戦略

第3日目 10月16日(金) 09:00〜10:30 B会場
座長: 安井 信之 (秋田県立脳血管研究センター)
原岡 襄 (東京医科大学)

●3B-S18 脳動脈瘤コイリングの長期予後(治療後10年以上)

第3日目 10月16日(金) 13:10〜14:40 B会場
座長: 滝 和郎 (三重大学)
根本 繁 (自治医科大学)

●3C-S19 神経内視鏡とロボティックサージェリー

第3日目 10月16日(金) 14:40〜16:10 C会場
座長: 本郷 一博 (信州大学)
伊関 洋 (東京女子医科大学)

●3C-S20 脳神経外科における頭痛の診断

共催:グラクソ・スミスクライン株式会社
第3日目 10月16日(金) 13:10〜14:40 C会場
座長: 鈴木 倫保 (山口大学)
清水 恵司 (高知大学)