開催概要

I.会期:
2009年10月14日(水)−16日(金)
II.会場:
京王プラザホテル(東京、新宿)
III.主題:
分化と統合―我国の脳神経外科のあり方―
IV.主なプログラム
(1)文化講演:鳥越 俊太郎氏(ニュースキャスター)
                    がんとの共生の4年間
(2)特別講演:1)金澤 一郎先生(日本学術会議会長)
                       脳科学から見た我が国の学術の展望
                    2)川人 光男先生(国際電気通信基礎技術研究所 所長)
                       BMIとロボット技術の最近の展開
(3)教育講演:1)水澤 英洋先生(東京医科歯科大学神経内科教授)
                    脳外科手術におけるプリオン病の感染予防
                    2)横田 裕行先生(日本医科大学大学院侵襲生体管理学
                                                                             (救急医学))
                       臓器の移植に関する法律(改正臓器移植法)と脳神経外科施設
(4)特別企画(演者指定)
     ●関連学会Update−いま何がホットか?
        関連10学会の会長(理事長)から各々の分野の最新のトピックを紹介
     ●経蝶形骨下垂体手術の100年
        20世紀初頭に開発された経蝶形骨下垂体手術の100年史を検証
     ●我が国における医薬品・医療機器の開発と導入の現況
        学術委員会提唱企画 
(5)公募シンポジウム(演者一部指定)
全てのシンポジウムの最後に座長から‘会員にとっての本シンポジウムの意義’を総括講演して頂きます。
     ●脳腫瘍に対する分子標的療法の展開
     ●モニタリングはグリオーマの長期成績を向上させたか?
     ●頭蓋底の再建−髄液漏をいかに防ぐか?
     ●解離性脳動脈瘤の治療戦略
     ●脳動脈瘤コイリングの長期予後(治療後10年以上)
     ●脳低温療法は予後を改善したか?
     ●頚椎変性疾患の外科治療
     ●DBSの新しい展開
     ●頭蓋縫合早期癒合症の治療法と成績
     ●神経内視鏡とロボティックサージェリー
     ●BMI(Brain Machine Interface)のリハビリへの応用
     ●脳卒中患者の超早期リハビリテーション
     ●術中画像の新しい展開
     ●定位的放射線療法の長期治療成績
     ●専門医の生涯教育は如何にあるべきか
     ●我が国の脳外科医は足りているか?
(6)公募ビデオシンポジウム(演者一部指定)
     ●内視鏡下経蝶形骨手術の手技と機器の工夫
     ●Paraclinoidal meningiomaの手術
     ●頭蓋頚椎移行部病変の手術
     ●巨大血栓化脳動脈瘤の手術
     ●Eloquent area脳動静脈奇形の手術
     ●頚部頚動脈狭窄症の治療
     ●脊髄髄内腫瘍の手術
     ●内視鏡下脳室内手術の手技と機器の工夫
     ●開頭手術に伴う整容的技術と機器の開発
(7)ニューロナースとのジョイントセッション(10月15日(木))
  "脳外科専門看護師の誕生をめざして"
            「チーム医療の構築」
            「脳外科患者の合併症対策」等

  脳外科看護師(病棟・手術室)の方々の積極的なご参加をお待ちしております。
            (担当:日本医科大学千葉北総病院 水成 隆之 講師)
(8)一般講演:口演とデジタルポスター
(9)Meet the Meister
(10)ランチョンセミナー
(11)ケースカンファレンス
(12)イブニングセミナー
(13)企業展示
V.招待演者
Helmut Bertalanffy (Zürich, Switzerland)
Luciano Brigante (Avellino, Campania, Italy)
Paolo Cappabianca (Naples, Italy)
Maurizio Falcioni (Parma, Italy)
Rudolf Fahlbusch (Hannover, Germany)
Takanori Fukushima(Raleigh, NC, USA)
Dae Hee Han (Seoul, Korea)
Hyung Dong Kim (Pusan, Korea)
Mark G. Luciano (Cleveland, OH, USA)
Qing Lan (Suzhou, China)
Basant Misra (Mahim Mumbai, India)
Vo Van Nho (Ho Chi Minh City, Viet Nam)
Georges Rodesch (Suresnes, France)
Charles Rosen (Morgantown, WV, USA)
Mario Sanna (Pattada, Sassari, Italy)
Satyanegara (Kota Tangerang, Indonesia)
Raymond Sawaya (Houston, TX, USA)
Andreas Unterberg (Heidelberg, Germany)
Oleksandr Voznyak (Kyiv, Ukraine)
Maode Wang (Xi'an, China)
Yunjie Wang (Shenyang, China)
Liu Weidong (Shanghai, China)
Shi-guang Zhao (Harbin,China)
Huancong Zuo (Beijing, China)
(以上、25名)
(敬称略、アルファベット順) 
VI.参会登録・専門医クレジット登録・参会費決済:
本学会では脳神経外科学会会員カードを用いて参会登録、専門医クレジット登録、参会費決済を行います。
まだ、会員カードをお持ちでない方は社団法人日本脳神経外科学会事務局に早めにお申し込みください。
同時開催:
第6回日独脳神経外科学術会議(10月16日(金))
ドイツに留学された方、交流のある方の積極的なご参加をお待ちして おります。
                                     会長  寺本  明
日本側コーディネ−ター    嘉山 孝正 教授  (山形大学脳神経外科)
ドイツ側コーディネ−ター     Prof. G. Schackert  (Univ. of Dresden)
(担当:日本医科大学脳神経外科  足立 好司 講師)
脳神経外科市民フォーラム2009(10月17日(土)) 新宿NSビル
(担当:喜多村 孝幸 准教授)